紫キャベツ液の変色パターンの覚え方!|小学生/理科 |【公式】家庭教師のアルファ-プロ講師による高品質指導

紫キャベツ液の変色パターンの覚え方!|小学生/理科

勉強方法

みなさん、突然ですが「紫キャベツ液」と言われて、何のことだがパッと思い浮かびますか?
まだ学校で習っていない人は「キャベツの…液?なんかマズそう」と思ったり、既に習った人でも「あれ、なんだったけな」と、忘れてしまっている方も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、紫キャベツ液とは何かをご紹介するとともに、水溶液に加えた際に起こる変色パターンの覚え方を解説していこうと思います!

紫キャベツ液とは


紫キャベツ液(指示薬、検査液といった呼ばれ方もします)は、その名の通り紫キャベツから作られる液体です。紫キャベツを千切りにして、鍋などに水とともに入れて煮ると、この液体が完成します。※千切りにしたものを一度冷凍しておくと、色が落ちやすくなります。
紫キャベツ液は、主に理科の実験などで、水溶液が酸性か、中性か、アルカリ性かを調べる際に使われます。
同じようなものに、「リトマス試験紙」がありますよね。ただこれは、赤・青の変化でしか、水溶液の性質を見分けることができません。一方、紫キャベツ液の場合は、多様な色の変化によって酸性・アルカリ性の強弱まで見分けることができるのです。

なぜ色が変わるの?

紫キャベツ液を水溶液に加えると、水溶液が中性の場合は紫色のままですが、弱酸性の場合はピンク色、酸性の場合は赤色へと変化します。また、アルカリ性の場合は、性質が弱い順に青色→緑色→黄色と変化していきます。
色が変わる理由は、紫キャベツには「アントシアニン」とよばれる色素が含まれているためです。この色素が水の性質(酸性・中性・アルカリ性)によって構造が変化し、色が変わるというわけです。
このアントシアニンは紫キャベツの他に、ブルーベリーやナス、紫芋といったものにも含まれています。

変色パターンの覚え方は?


紫キャベツ液の変色パターンの覚え方は、大きく分けて二つあります。一つ目は、上のような画像を覚えてしまうことです。「簡単に言うなよ…」と思うかもしれませんが、紫キャベツ液が変化する色は赤色や黄色、青色といったハッキリした色が多いので、意外とすんなり覚えることができます。是非試してみてください。

もう一つは、語呂合わせを用いることです。しつこいようですが、紫キャベツ液は強い酸性→中性→強いアルカリ性の順に並べると、赤、ピンク、紫、青、緑、黄といった順番になります。これを一つの文にしようとすると、少し無理やりですが、

ーマンをサーにかける」
ちゃんのンチにがるー」

などがあります。もちろん、自分で語呂合わせを考えてみても面白いと思いますし、その方が記憶に残りやすいでしょう。是非、オリジナルの語呂合わせも作ってみてください。

おわりに

いかがでしたか?紫キャベツ液について、ご理解いただけたでしょうか。先述のように、紫キャベツ液は自分で作ることも可能です。「理科の実験が好き!」という人は、身近にあるいろいろな水溶液が酸性なのか、アルカリ性なのかを調べてみてください。夏休みの自由研究などにもいいかもしれません。※くれぐれも、十分な安全性を確認したうえで行ってください。

さて、この記事をお読み頂いた方の中には
「苦手な科目がある」
「子どものなかなか成績が上がらない」
「中学校への進学にあたり、今のままで良いのか心配」
といった、お子さまの勉強に関するお悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。
小学生は全ての科目の基礎を習います。ここでつまづいてしまった単元・科目は、中学や高校にあがってからも苦手意識が残り、成績が伸び悩む傾向があります。

これらの悩みを解消するには、自らすすんで机に向かう「学習習慣」をつけるのが最も重要です。
特に小学生は学習習慣をつける絶好の時期です。たとえ今、勉強が苦手であったとしても、この時期の取り組み方次第でいくらでも挽回できます。

家庭教師のアルファが提供する完全オーダーメイド授業は、小学生のお子さまに学習習慣を付ける手段として最適です。経験豊富なプロ家庭教師がマンツーマン授業を通じて、苦手な科目も細かく、丁寧に教えます。
小学生のお子さまの勉強についてお困りの方は、是非一度、アルファの指導を体験してみてください。下のボタンから、無料体験のお申込みが可能です。

無料体験無料体験 資料請求資料請求
こんな困りごとありませんか?
学習ノウハウ 一覧へ