六歌仙の覚え方

勉強方法

6歌人のプロフィール

・僧正遍照
桓武天皇の孫。
・在原業平
平城天皇の皇子阿保親王の子。情熱的な歌を作る。
・文屋康秀
生没年不詳。下級官職を歴任。言葉の遊戯になる歌を作る。
・喜撰法師
生没年不詳。宇治に隠棲した僧。本人作とされるのは1首のみ。
・小野小町
生没年不詳。仁明天皇の朝廷に仕えたとされる。情熱的な歌を作る。
・大友黒主
生没年不詳。地方豪族というが詳細は不明。
ちなみに、「六歌仙」という名称そのものは後代になって付けられたものになります。

六歌仙のうち、在原業平と小野小町、文屋康秀と僧正遍照は歌合でよく顔を合わせていた仲良し四人組でした。

語呂合わせはズバリ!【お惣菜は気分だい】

六歌仙の覚え方の語呂合わせは、たくさんのパターンがあります。今回は、一番シンプルなものを紹介します。
それはズバリ、【お惣菜は気分だい】です!
読み方は「おそうざいはきぶんしだい」。とってもシンプル!
それぞれ対応している部分は、お→小野小町、そ→僧正遍照、ざい→在原業平、き→喜撰法師、ぶん→文屋康秀、だい→大友黒主となります。

ちなみに紀貫之は、六歌仙を「優れた歌人」として選んでいる割には、六歌仙に対して辛辣な評価を下しています。おそらく、紀貫之が師として「歌聖」と仰いだ柿本人麻呂と山部赤人という二大歌仙には到底及ばない、ということなのでしょう。

学習ノウハウ 一覧へ