炎色反応の覚え方をマスターしよう!|中学生/理科

勉強方法

そもそも炎色反応とは、金属イオンに炎を当てて加熱すると、特定の色の炎になる現象です。
主な元素記号と物質名、炎の色を表にまとめてみました。

目次

中学・高校で習う金属はこれだけ!


元素記号は他にもありますが、中学・高校で習う金属はこれだけ!
では覚え方です。
「リアカー・Li(赤) なき・Na(黄)  K村・K(紫)  動力・Cu(緑) 借りるとう・Ca(橙) するもくれない・Sr(紅)、 馬力・Ba(黄緑) で行こう!」

Baが少し引っかかるかもしれませんが、Cuと区別すれば覚えられます!
読みながら書いて覚えましょう。
この炎色反応は身近なところで使われています。

1.花火


花火の色とりどりの色は、炎色反応を利用しています。
花火の玉に入っている【硝酸ナトリウム】や【硝酸銅】といった化合物を、火薬で爆発して燃やします。
すると、炎色反応が起き、【黄色や紅色】に見えるというものです。

花火を見たときは、「ああ、Srの発光はきれいだね。今、銅が発光した!」としみじみ思いましょう。

2.ガスの炎と味噌汁

味噌汁を温めていて吹きこぼれたとき、ガスの炎は黄色に発光します。
これは、味噌汁に含まれる塩分(NaCl)のナトリウム塩が炎色反応によって黄色に発光するからです。

3.トンネルのランプ


最近は徐々に減ってきていますが、道路のトンネルに設置されているランプにナトリウムランプと
いうものがあり黄色に発光します。
これも、炎色反応を利用したもので、気化したNaをランプの中に封入しておき、電気を流すことで
エネルギーを与え、黄色にしているものです。

まとめ

1.炎色反応とは、金属イオンに炎を当てて加熱すると、特定の色の炎になる現象。

2.炎色反応の覚え方は、
「リアカー なき K村 動力 借りるとう するもくれない、 馬力 で行こう!」
Li(赤)  Na(黄) K(紫)  Cu(緑)  Ca(橙) Sr(紅)  Ba(黄緑)

如何でしたか?炎色反応のように、複数の記号を同時に覚えるような場合には、語呂合わせを用いるのが効率の良い覚え方です。

さて、この記事をお読み頂いた方の中には
「中学生になってから苦手な科目が増えた」
「部活が忙しくて勉強する時間がとれない」
「このままだと高校受験が心配」
といった、お子さまの勉強に関するお悩みを持たれている方も多いのではないでしょうか。
中学生は授業のペースがどんどん早くなっていき、単元がより連鎖してつながってきます。
そのため、一つの単元につまづいてしまうと、そこから連鎖的に苦手意識が広がってしまうケースが多いのです。

したがって、一つ一つの単元を確実に理解しながら進めることが大切になってきます。
口で言うのは簡単ですが、これがなかなか、一人で行うのは難しいもの。

家庭教師のアルファが提供する完全オーダーメイド授業は、一人ひとりのお子さまの状況を的確に把握し、学力のみならず、性格や生活環境に合わせた指導を行います。もちろん、受験対策も志望校に合わせた対策が可能ですので、合格の可能性も飛躍的にアップします。
中学生のお子さまの勉強についてお困りの方は、是非一度、プロ家庭教師専門のアルファの指導を体験してみてください。下のボタンから、無料体験のお申込みが可能です。

無料体験無料体験 資料請求資料請求
こんな困りごとありませんか?
学習ノウハウ 一覧へ