衆議院の優越って何?

勉強方法

どんなものがあるの?~憲法上の優越編~

では、衆議院と参議院ではどのような差があるのでしょうか。衆議院の優越は、憲法によって定められた「憲法上の優越」と、国会法によって定められた「国会法上の優越」の2種類があります。このうち、憲法上の優越は特に重要です。その内容は以下のようなものです。

 ・「法律案の議決」
衆議院で可決された後に参議院で否決され、返付された議決案を、衆議院で出席議員の3分の2以上で再可決すれば法律とすることが出来ます。また、衆議院可決案の受領後60日以内に参議院が議決しない場合、衆議院は参議院が法案を否決したとみなすことができます(憲法第59条)。

 ・「予算の議決」
衆参で、予算について異なった議決をした場合、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、または参議院が衆議院の可決した予算を受け取った後、国会休会中の期間を除いて三十日以内に議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とすることができます(憲法第60条)。

 ・「条約の承認」
衆参で、条約について異なった議決をした場合、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、または参議院が衆議院の可決した予算を受け取った後、国会休会中の期間を除いて十日以内に議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とすることができます(憲法第61条)。

 ・「内閣総理大臣の指名」
衆参で、内閣総理大臣の指名について異なった議決をした場合、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、または参議院が衆議院の可決した予算を受け取った後、国会休会中の期間を除いて十日以内に議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とすることができます(憲法第67条第2項)。

・「予算先議権」
予算は先に衆議院で審議・議決する事が定められています(憲法第60条)。

・「内閣不信任決議」および「内閣信任決議」の権限が与えられています(憲法第69条)。

どんなものがあるの?~国会法上の優越編~

それでは、国会法上の優越にはどのようなものがあるのでしょうか。内容は次のようなものになります。

 ・「国会の会期延長、および臨時会・特別会の会期」
両議院の議決が一致しないとき、又は参議院が議決しないときは、衆議院の議決によって決定されます(国会法11条 - 13条)。

 ・「法律案議決が衆参で異なる場合の両院協議会の請求」
法律案について、衆議院において参議院の回付案に同意しなかった時、又は参議院において衆議院の送付案を否決し、さらに衆議院の回付案に同意しなかった時は、衆議院は、両院協議会を求めることができます。
 また、参議院は、衆議院の回付案に同意しなかった場合に限り前項の規定にかかわらず、その通知と同時に両院協議会を求めることができます。但し、衆議院は、この両院協議会の請求を拒むことができます(国会法第84条)。

覚え方はあるの?

衆議院の優越の中でも、特に重要なものは憲法上の優越です。中でも「法律案の議決」、「予算の議決」、「条約の承認」、「内閣総理大臣の指名」の4つは、テストにも出題されやすい傾向があります。この4つに関しては、語呂合わせで覚える方法が存在します。
 一つは、「情報ないよ」で覚える方法です。これは「"条(じょう)”約の承認」、「”法(ほう)”律案の議決」、「"内(ない)”閣総理大臣の氏名」、「”予(よ)”算の議決」の順に並べ替え、それぞれの頭文字を別の言葉で言い換える方法です。
 同じ方法で、「内閣総理大臣の予約は法律で」という覚え方もあります。この覚え方は「予約」の部分がポイントで、”予”は「予算の議決」から、”約”は「条”約”の承認」から取られています。この覚え方だと、漢字もそのままなのでより正確に覚えられるかもしれませんね。

まとめ

衆議院の優越のような政治が絡む用語は、どうしても難しい言葉が連続する傾向があるので、覚えるのが大変という方もいるかもしれません。しかし、政治を知る事は国の仕組みを知ることに繋がるので、一度意味を理解してしまうと、意外と覚えるのが楽しくなることもあります。自分が住んでいる国のシステムを理解しているのと、よく分からないままでいるのとでは、世界の見え方が違います。あなたも投票権を持つ(或いはこれから持つ)国民の一人として、是非政治を学んでみてください。

TIPS一覧へ