敬語で点をかせぐ|全学年/国語

勉強方法

みなさん、こんにちは。今回は、「敬語で点をかせぐ」方法についてお話しますね。
さっそくですが、日本語って本当にむずかしいですよね。一説では、世界が一番むずかしい言葉って、言われているらしいですよ。それもそのはず、漢字、ひらがな、カタカナ、敬語、さらには、アクセント、イントネーション、地方に行けば方言もあるのですから、外国の人にとっては本当にやっかいな言葉かもしれませんね。
そして、日本人にとして生まれた私達にとっては、入試などでは避けて通ることができないものになっています。
ここでは、テストでいかにして敬語で点数をとるのかについてお話していきますね。

基本は暗記

私の学生時代の友人で、キー局のアナウンサーになった人物がいるのですが、彼もまたアナウンサーになりたての頃は、敬語で苦労もし、失敗もしたそうです。そこで彼は、敬語の暗記カードを作ったそうです。
皆さんも御存知のように、敬語には3つの種類がありますよね。聞き手に直接敬意を表すために丁寧に言うのが「丁寧語」。例としては、「お米を買います。」「あちこちにございます。」です。
聞き手や第三者の動作や事物を高めて言うのが「尊敬語」。例としては、「お客様が買われる。」「先生がお書きになる。」です。最後に、話し手が、自分や自分の側の人の動作などをへりくだって言うのが、「謙譲語」。例としては、「お客様に差し上げる。」「先生をお待ちする。」です。

暗記カードの作り方

では、具体的にどのように暗記カードを作ったら効率的なのでしょうか。まず、普通の語「言う」を、カードの表に書きます。次の裏に、尊敬語「おっしゃる」、謙譲語「申す」「申し上げる」と書いて下さい。これで1枚めができあがりです。2枚めの表には、普通の語「食べる」と書いて下さい。裏には尊敬語「あがる」「召し上がる」、謙譲語「いただく」と書きます。これで2枚目が完成です。
テストに出てくる敬語の種類なんて、とても少ないですから、この要領で、教科書の敬語を全部書いて暗記してしまいましょう。

暗記カードを増やす

一通りできたら、今度は問題集で実際に問題を解いて下さい。テストで点をとるためには、暗記カードで「インプット」を行うだけでなく、問題集で「アウトプット」を行うことが大切です。
問題を解いていくと、教科書には出てこなかった「尊敬語」「謙譲語」も出てきますよね。
そういうときは、すぐに追加の暗記カードを作ります。
こうやって、少しずつ言葉を増やしていくのです。
暗記カード⇒問題集⇒暗記カード⇒問題集
といった具合で、この作業を繰り返し行っていくと、記憶が定着します。

まとめ

入試では、ライバルよりも1点でも多く点をかせぐことが大切なのです。確かに「敬語」は問題数も少なく、配点も少ないかもしれません。
しかし、少しの労力で確実に点をかせげる分野であることは、まちがいありません。みなさんの健闘を祈っています。

さて、この記事をお読み頂いた方の中には
「子どもの学校の成績があがらない」
「保護者として、どんな対策をしてあげれば良いのかわからない」
「このままだと進学・受験も不安」
といった、お子さまの勉強に関するお悩みを持たれている方も多いのではないでしょうか。
何も対策を講じないままでいると、勉強に対する苦手意識は日が経つほどに広く、深いものになっていきます。

そのようなお悩みを解決するのが、私たち『家庭教師のアルファ』です。プロ家庭教師による完全オーダーメイド授業を展開するアルファは、これまで15年以上にわたり、全国のお子さまの学習をサポートしてきました。

また、「ご家庭の頼れる教育パートナー」を目指す私たちは、お子さまだけでなく、保護者さまとも充実したコミュニケーションを図ります。お子さまの将来について、共に考え、共に支え、共に理想を実現するのが私たちの仕事です。
今、お子さまの勉強についてお悩みの方は、是非一度、アルファの授業を体験してみてください。下の赤いボタンから、無料体験のお申込みが可能です。

無料体験無料体験 資料請求資料請求
こんな困りごとありませんか?
学習ノウハウ 一覧へ