短時間の勉強は有効?|全学年

勉強方法

勉強は、短時間に集中して行う方が、長時間ダラダラ行うよりも効果的だと言われています。お子さまに勉強の習慣をつけてあげるためには、短時間の勉強を繰り返えす勉強法を身につけさせることが大切です。この記事では、短時間の勉強が効果的な理由、短時間で勉強するための方法などを解説します。お子さまの効率的な学習に役立ててください。

短時間の勉強!そのメリットとは?

短時間の勉強で得られるメリットについて解説します。

◆効率的に勉強できる
短時間の勉強を繰返し行うことで、効率的な勉強方法が身につきます。いつもは1時間かけて終わらせる勉強を30分で終わらせようとしたら、その間は勉強に集中しなければなりません。無計画に長時間勉強をする場合は、ダラダラとただ続けてしまうことが多く、効率的な勉強とはいえません。

◆社会人になる前にタイムマネジメント能力が身につく
短時間の勉強習慣を身につけることで、社会人になる前にタイムマネジメント能力が身にきます。短時間での勉強を効率よく行うためには、時間の管理をする必要があります。1時間勉強したら15分休憩、休憩後に1時間勉強し15分休憩など、スケジュールを組み勉強する習慣をつけましょう。受験時に問題を解く時間配分の感覚も身につけられます。

短時間の勉強は成果が上がる?

短時間の勉強で上がる効果について解説します。

◆効果の実証
短時間の勉強の効果についての実験があります。60分連続して勉強した場合と、15分という短時間の勉強と休憩を3回連続して勉強した場合を比較したものです。結果は、長時間の勉強より、短時間の勉強の方が、テストの点数が高かったとのことです。
短時間集中し勉強した後、脳を休ませてやり、再度短時間集中するという繰返しが、学習成果に大きく影響を与えたということが実証されたことになります。(*1)
※参考:勉強時間は短い方が好成績?

◆短時間の勉強が効果的な理由
人の脳は、刺激に対して快感が与えられると、その行動パターンが恒常化する機能があります。勉強を短時間行い、その後に休憩することで、脳は休憩を報酬と完治し、短時間勉強・休憩という行動が恒常化します。

お子さまが集中可能な時間を把握し、集中限界時間を基準に短時間の勉強を繰り返すことで、集中力が身につくと共に、短時間の勉強方法が習得できます。スイッチが入ればすぐに集中できる勉強スタイルも獲得できます。

理想的な短時間勉強の目安とは?

短時間の勉強を効率的に行うためには、お子さまにとっての理想的な短時間の目安を把握する事が重要です。人が集中できる時間には限界があり、個人差がありますが約30分といわれています。お子さまが集中できる限界時間ごとに休憩を挟みながら勉強すれば、非常に効率的な勉強ができることとなります。

短時間の勉強に必要なのは「集中力」

短時間の勉強に必要なのは、集中力です。短時間の勉強で成果を上げるためには、質の高い勉強をすることが重要です。質の高い勉強をするためには、短時間に高密度の勉強を行える集中力が求められます。

◆勉強に集中できない理由
勉強を短時間で行うための集中力はどうすれば身につけられるのでしょうか。勉強に集中できない理由とその対策を解説します。
・環境
勉強に集中することを妨げる一番の要因は、勉強をする環境です。周囲が騒がしかったり、人がたくさんいて頻繁に話しかけられたりすると、勉強には集中できません。勉強できる静かな場所があれば一番よいのですが、それが難しい場合は、何らかの対策をすることで環境を整える必要があります。
イヤホンをつけて静かな音量の音楽を聴きながら勉強するなど、周りの音が聞こえなくなる工夫をしましょう。最近はノイズキャンセリング機能付きのイヤホンもあり、周りの音は全く聞こえなくなるのでおすすめです。
・集中の妨げになる「誘惑」
スマホやゲームやマンガなどの本など誘惑となる物が部屋にあると、集中が妨げられます。大人と異なり、お子さまが、誘惑に打ち勝つことは大変難しいです。すべて別の部屋に置くなどの対策を行い、誘惑になるような物をお子さまの勉強部屋には置かないようにしましょう。

短時間で効率的な勉強を行うためのポイントとは?

短時間で効率的な勉強を行うためのポイントを紹介します。

◆体調管理を行う
短時間勉強で効率的に成果を上げるためには、集中することが重要なので、そのための体調管理をしっかりと行いましょう。睡眠時間や栄養バランスに気を配るなどして、常に体調を整えることが大切です。寝不足だったり、頭痛・腹痛があるなど体調が悪かったりすると、集中できず、質のいい勉強もできません。

◆短時間勉強の繰り返しを行う
短時間勉強の間に休憩を挟みながら、それを何度も繰り返しましょう。自分の集中可能な時間いっぱい勉強し、休憩します。定期的に休憩を挟むことで集中力は回復し、質の高い状態の勉強を続けられます。

◆ルーティン化する
集中力を強化するには、短時間の勉強をルーティン化するとよいです。毎日決まった時間に、短時間の勉強を行うと、その時間は自動的に集中力が高まるようになります。勉強の習慣がついていないお子さまの場合は、家庭教師に頼ることで、短時間勉強を始められることがあります。
※家庭教師のアルファはお子さまの学力・環境にあった勉強方法を提供しています。

◆休憩を挟む
短時間の勉強を行う際には、必ず勉強と勉強の間に少しの休憩を挟みます。休憩することによって集中力は回復し、次の短時間の勉強を行う際に再度集中できるためです。短時間の勉強を何度も繰り返し、脳が刺激され、学習効率を高まります。

◆勉強する環境を整える
短時間の勉強を行う際に一番重要なのは集中力を持続させることです。勉強部屋に集中力を妨げるような物は置かないようにしましょう。勉強中はスマートフォンの電源を切り、できれば別の部屋に置いておくなど、勉強する環境を整えることが大事です。スマートフォン以外の誘惑になるような物もできるだけ排除するとよいです。

集中力を高めるための工夫を

勉強を短時間で行うことで、効率よく成果を上げられますが、そのためには集中力を持続させる必要があります。体調管理や勉強する環境を整えるなど、集中力を高めるための工夫をしましょう。短時間の勉強を始めるのが、お子さまにとっては大変なこともあります。そんな時には、家庭教師の利用検討してみましょう。
家庭教師のアルファは、学力・環境に合わせた勉強法やAIによる学力診断など、さまざまなプログラムを用意しています。お子さまだけでなく、親御さまとのコミュニケーションも重視しています。短時間の勉強法を身につけるために、家庭教師との勉強をしてみようと思われる人は、ぜひ資料を請求して下さい。

*1.参考:勉強時間は短い方が好成績?

無料体験無料体験 資料請求資料請求
こんな困りごとありませんか?
学習ノウハウ 一覧へ