兵庫県公立高校入試制度 |【公式】家庭教師のアルファ-プロ講師による高品質指導

兵庫県公立高校入試制度

勉強コラム

兵庫県の公立高校入試は、2015年に大幅な変更があり、全ての学区で複数志願制度が採用されました。
他県と比べると少し複雑なところもありますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

①概要

普通科(単位制含む)
2月に実施される特色選抜(普通科)・推薦入学と3月に実施される学力検査

総合学科
2月に実施される推薦入学と3月に実施される学力検査

専門学科(職業学科・特色のある専門学科)
2月に実施される推薦入学と3月に実施される学力検査

連携型中高一貫教育
2月に実施される推薦入学と3月に実施される学力検査

定時制/多部制/通信制
2月実施:多部制Ⅰ期試験(面接・作文)
3月実施:定時制 学力検査(5教科)/多部制 Ⅱ期試験(学力検査・面接)/通信制 面接

②内申点評価

一般選抜入試では中3の内申点が採用されます。各教科5段階評価で内申点換算(満点)は国社数理英の25点×4倍=100点と実技4教科の20点×7.5倍=150点の合計250点となります。
実技4教科は素点の7.5倍なので日ごろの授業やテストが主要5教科とともに重要になります。

③一般入試

3月実施の学力検査は国社数理英各100点の0.5倍=250点満点で実施され、内申点と合わせて満点500点満点の獲得点となります。

複数志願選抜
公立の全日制普通科(単位制含む)及び総合学科の高等学校で実施されます。
1校または2校を志願できます。また志願者の第一志望を支援するため、第一志望校には一定の加算点を加えて合否判定します。学区によって加算される点数は異なります。
第1学区25点・第2学区20点・第3学区25点・第4学区30点・第5学区30点

第一志望の合否判定=獲得点(内申点+学力検査)+加算点で判定され、不合格の場合2校志望の時には第二志望が獲得点のみでの合否判定となります。

④特色選抜・推薦入試

特色選抜
条件:志願する学校を第一志望とし、当該高等学校の特色ある教育内容を理解し、当該高等学校で学習する強い意欲を持っている者。

推薦入試
条件:当該当学科またはコースを第1志望とする者のうち、次の条件を満たし中学校長が推薦する者。
ⅰ)当該学科・コースを志望する動機・理由が明白かつ適切であること。
ⅱ)当該学科・コースに対する適正及び興味・関心を有すること。

特色選抜と推薦入試の違いは校長推薦の必要の有無です。推薦入試は校長推薦がないと受験することはできませんが、特色選抜は生徒が希望すれば受験することは可能です。ただし、どちらもその学科やコースを第一志望と考えており、合格したら必ず入る意思があることが前提となります。

公立高校学区制度

第1学区25校:神戸第一、芦屋、神戸第二、神戸第三、淡路
第2学区34校:尼崎、西宮、宝塚、伊丹、丹〇
第3学区24校:明石、加印、北播
第4学区22校:淡路、福崎、西播
第5学区 9校:北但、南但

兵庫県の高校受験対策は、『家庭教師のアルファ』

いかがでしたか?本記事の情報が、高校受験をされるお子さまや保護者さまにとって、少しでも有益なものになりましたら幸いです。

この記事をお読みいただいた方の中には、高校受験に不安がある方も多いのではないかと思います。ほとんどの人にとって、高校受験は人生初の受験となります。

「志望校はどうやって選べば良いの?」
「どのような受験対策をして良いかわからない」
「合格できる自信がない」

など、高校受験では様々な悩みを抱えるもの。

そのようなお悩みを解決するのが、私たち『家庭教師のアルファ』です。プロ家庭教師による完全オーダーメイド授業を展開するアルファは、これまで15年以上にわたり、全国のお子さまの学習をサポートしてきました。

特に私たちが得意とするのが、高校受験対策です。志望校の選定から、オーダーメイドの受験対策、合格後のサポートに至るまで、すべてアルファにお任せください。

少しでも受験に不安がある方は、ぜひ一度、アルファの授業を体験してみてください。教育のプロフェッショナルが、その不安を解消します。下のボタンから、無料体験のお申込みが可能です。

兵庫県 家庭教師についてはこちらをご覧ください。