中学校のテストの「満点」は “ 超レア “

勉強方法

「ペース配分」を意識する

では何を目指せばよいのでしょうか?その答えの一つは、“解ける問題を必ず〇にすること” です。そのために必要なことの一つは、必ず“見直しをすること"です。見直しをする時間をつくるために、テスト中の時間配分を考え直してみましょう。例えばテストの時間が50分なら、「問題を解く:35分」「見直しをする:5~10分」「残りの問題を解く」。
「問題を解く」時間は「35分」です。だからこそ“解ける問題”を先にやらならければならないのです。残酷な言い方になりますが、テスト中の「この問題、解けるかも」は「この問題、解けない」なのです。少しでも「?」と感じた問題は後回しにして、見直しを済ませた後の残りの時間でやってみましょう。
このように中学校のテストには、小学校のテストとは違ったやり方が必要な訳です。

学習ノウハウ 一覧へ