入試直前!!『過去問活用法』|中学生/受験対策

勉強方法

受験生のみなさん,受験勉強は順調にすすんでいますか?
「まだまだ時間があるし」なんて思っていると、あっという間に受験直前ということにもなりかねません。
そして今年は長い間学校に通えなかった生徒さんが殆どだと思いますので、受験まで目の回るような毎日になる事でしょう。
家庭教師のアルファから、今までの学習のまとめ、そして受験勉強の総仕上げとして、多くの受験生が取り組むであろう「過去問」の効果的な活用法について、取り上げたいと思います。

受験本番と同じ気持ち・態度で取り組もう!

【時間を守る】途中でも時間になったら終わりにする。→時間内に解くための時間配分を身につける。
【解き終わっても、時間内は問題に向き合う。】→見直しや解き直しをする習慣を身につけ、ケアレスミスを防ぐ。
【心と体の準備】トイレを済ませ、机上の整理・筆記用具等を確認してから始める。→問題のみに集中できる環境をつくる。

目標点数を意識して取り組む!

「全力でやって,高得点が取れれば取れるほどいい!!」 という考え方は危険です。
自分の現状を客観的に把握し、 『どの教科で○○点、合計で○○○点以上を取る。』という目標を設定しましょう。 →年度により問題の難易度は多少上下しますが、どの年度の問題に挑戦しても、確実に設定した目標点数を クリアできることが大切です。

作戦を立てて計画的に復習に取り組む!

間違いの原因が単なる凡ミスだったり,間違えたが,解説等を読んで解法が理解でき、 『次に同じような問題が出た時は大丈夫!!』という問題はその場で解き直しをしましょう。逆に『今の自分の力(知識)では無理…』『この問題の解法を理解するには相当の時間が必要だ…』と 判断した問題は,今の時点では,勇気を出して無視しましょう。
判断に悩む問題は『これはできるはず!!』の問題です。この問題の単元に焦点を絞り、集中的に復習に取り組みましょう。受験対策テキスト等で、その問題だけでなく、関連する単元をまとめて復習しまし ょう。
『これはできるはず』の問題が完璧になったら,『今の自分の力(知識)では無理…』『この問題の解法を理解するには相当の時間が必要だ…』の復習にも取り組み,更なる得点アップを狙いましょう。
☆自分が受験する都道府県や学校の傾向を把握するためにも,5年分くらいの過去問に挑戦しましょう。☆ We believe you can do it!!

高校受験には、『家庭教師のアルファ』

さて、この記事をお読み頂いた方の中には
「子どもの学校の成績があがらない」
「保護者として、どんな対策をしてあげれば良いのかわからない」
「このままだと進学・受験も不安」
といった、お子さまの勉強に関するお悩みを持たれている方も多いのではないでしょうか。
何も対策を講じないままでいると、勉強に対する苦手意識は日が経つほどに広く、深いものになっていきます。

そのようなお悩みを解決するのが、私たち『家庭教師のアルファ』です。プロ家庭教師による完全オーダーメイド授業を展開するアルファは、これまで15年以上にわたり、全国のお子さまの学習をサポートしてきました。

また、「ご家庭の頼れる教育パートナー」を目指す私たちは、お子さまだけでなく、保護者さまとも充実したコミュニケーションを図ります。お子さまの将来について、共に考え、共に支え、共に理想を実現するのが私たちの仕事です。
今、お子さまの勉強についてお悩みの方は、是非一度、アルファの授業を体験してみてください。下のボタンから、無料体験のお申込みが可能です。

無料体験無料体験 資料請求資料請求
こんな困りごとありませんか?
学習ノウハウ 一覧へ