勉強と部活の両立をするには ~家庭教師のアルファ講師の経験~前編

勉強と部活の両立をするには ~家庭教師のアルファ講師の経験~前編

勉強方法 高校生

私の実体験です!

こんにちは。家庭教師のアルファ、講師の斎藤です。
何を書こうか色々と考えましたが、今回は高校時代を(もうかなり昔ですが…)思い出して勉強と部活の両立の仕方についてアドバイス出来たらと思います。

高校に入って、「何か運動系の部活に入りたいなぁ」と思っていた私。
同じ高校に中学時代の先輩がいて、誘われてテニス部に入りました。

初めのうちは、まず体力がないことと初心者で(中学では美術部で運動神経も平均レベル)、休みもほぼなくついていくのに大変で毎日ヘトヘトでした。
また学校から自宅が遠いこともあり、中学の時より睡眠時間がなかなか取れず疲れが溜まっている感じがしました。
勉強の内容は中学より難しくなり、慣れないことばかりの中あっという間に最初の定期テスト…赤点こそないものの自分としては納得のいかない点数でした。

ガラッと変わった環境、限られた時間…
これは中学の時の「時間感覚」のままでは大変なことになると思って色々試してみました。

<勉強時間を変えてみる>

中学の時は、勉強は家で夕方〜夜でした。
高校では帰宅が毎日20時半位だったので、それからご飯、お風呂…となるとあっという間に寝る時間。そこから無理矢理勉強しても次の日がつらく、悪循環でした。

そこで、通学時間や学校に着いてからの時間をある程度勉強に充ててみました。
田舎で本数がなく朝7時の電車に乗らなければならず、学校に着くのが8時前。

始業時間まで時間ができたので、電車に乗っている間や学校に着いてから予習や暗記をするようにしました。
起きてから大体2時間経っていますし、夜より時間に追われず勉強することが出来ました。

<授業をしっかり聞く>

いや、これ当たり前の話なんですが…
考え事や、「つまらないなぁ」と感じてしまうとついぼーっとしたり、意識が遠のいたりと。

なかなか6時間集中するのは大変なことだと思います。そこを何とか耐えしのいで勉強に意識を向けるようにしました。

<テスト前は本気モード>

テスト前1週間は部活が休みになるので、その期間は早く帰れる分すぐに勉強に取りかかりました。切羽詰まらないように2週間位前から大体この教科のこれをやる、という計画を立てていきました。この期間も夜遅くまで勉強はせず、早めにやって早めに寝ることを心掛けました。

今回はここまで。次回も続きます。あと二つほど紹介したいと思います。

この講師の記事一覧